喘息予防・管理ガイドライン2018
EPUB形式
iPhone/iPad/Win/Android/Tab/Tab(大) ――対応
支払方法
aSBWYB クレジット ※詳細
62730KB
推し本に★やレビューを!平均★0  レビュー(0)

解説

『喘息予防・管理ガイドライン2018(電子版)』は、国内外の最新のエビデンスを厳選して、喘息の治療・検査はもちろん病態から種々の側面まで解説されており、喘息治療のすべてがPCだけでなくツールを選ばずにご活用いただけます。今回の改訂では、新たに診断・検査、治療法のフローチャートやアルゴリズムが加えられ、鑑別や治療薬の選択など日常診療で分からないことを容易に確認できるように構成されました。喘息診療に携わるすべての実地医家と医療従事者に読んでいただきたい一冊です。

【旧版からの主な改訂のポイント】
・長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の推奨範囲が、海外での使用範囲の拡大に伴うエビデンスが評価されて治療ステップ3から治療ステップ2まで拡大されました。
・治療ステップ4に、新たな薬剤として抗IL-5抗体製剤、抗IL-5受容体α鎖抗体製剤、新たな治療法として気管支熱形成術が追加されました。
・第1章「総論」に、「喘息の問診・聴診と身体所見」、「喘息診断・管理の指標」、「喘息の自然史と予後」が追加され、診断や患者指導に有用な解説が拡充されました。
・喘息とCOPDの併存(ACO)など種々の呼吸器疾患の診断にも活用できます。
・新たに「ステロイド抵抗性喘息」が追加されました。
・「吸入指導」、「医療連携」などが新規の項目として収載されました。