誰も国境を知らない
価格
756円(税込)
著者
EPUB形式
iPhone/iPad/Win/Android/Tab/Tab(大) ――対応
支払方法
aSBWYB クレジット ※詳細
54203KB
推し本に★やレビューを!平均★0  レビュー(0)

解説

 今も戦後が終わらない北方領土、見ることのできない島・沖ノ鳥島、民族的聖地となった竹島、上陸を禁じられ政治的秘境となった尖閣諸島。そこには、国境で暮らす人、かつて暮らしていた人、国境を守ろうと運動する人、取り返そうと運動する人がいた。僕たちは、この国のリアル(真の姿)をどこまで知っているのだろうか? 国境問題の現状と、戦争や政治によって膨張し収縮する国境問題に振り回されている人々を描くノンフィクション。
 文庫刊行時に追加された尖閣諸島へのルポ(2012年)および、文庫化の際に削除された「硫黄島」と「小笠原諸島」の章を復活して収録。さらに資料写真もカラーにして再収録した完全版。

プロローグ……膨張と収縮のヒストリー
一 北方領土I……渡航を禁じられた島
二 沖ノ鳥島……国家が守る見えない島
三 竹島I……民族的聖地への上陸記
四 対馬……隣国と向き合う交流の島
五 硫黄島……国家に裏切られた島
六 小笠原諸島……日米の間で揺れ続けた島
七 与那国島……国境の手前でもがく島
八 竹島II……奪われた島をめぐる記憶
九 北方領土II……歴史が止まったままの島
十 尖閣諸島……政治的な秘境となった島
エピローグ……日本の中心から遠く離れて

●西牟田靖(にしむた・やすし)
1970年、大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業。就職し8ヵ月間IT企業で働いたあと、地球一周の船旅を体験。以降、ライターとしての道を歩む。近年は骨太なノンフィクション作品に取り組んでいる。著書に『本で床は抜けるのか』(本の雑誌社)、『わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち』(PHP研究所)『ニッポンの穴紀行 近代史を彩る光と影』(光文社)、『ニッポンの国境』(光文社)など。

クリップ登録

著者