猫の浮世絵 「お江戸ねこ草紙」の巻
価格
486円(税込)
著者
ジャンル
EPUB形式
iPhone/iPad/Win/Android/Tab/Tab(大) ――対応
支払方法
aSBWYB クレジット ※詳細
110024KB
推し本に★やレビューを!平均★0  レビュー(0)

解説

 物語の中でも猫は大活躍。江戸〜明治時代に出版された草紙(絵本や挿絵入り小説本)に見られる猫を取り上げます。
 どの浮世絵にも猫、猫、猫だらけ!? 猫好き人間のための浮世絵解説書、その決定版がついに登場です。電子オリジナル作品。

第一章 鎌倉猫おこまの物語(山東京山作、歌川国芳画『朧月猫草紙』)
第二章 猫の仮面をかぶって(仮名垣魯文作、歌川芳虎画『黄金花猫目鬘』)
第三章 行ってみたいな猫の国

●坂本葵(さかもと・あおい)
1983年、愛知県生まれ。東京大学文学部卒業。作家。著書にノンフィクション『食魔 谷崎潤一郎』(新潮新書)、小説『吉祥寺の百日恋』(新潮社)。

クリップ登録

著者