特捜女豹警視白鷺(3) 擬装
価格
486円(税込)
著者
EPUB形式
iPhone/iPad/Win/Android/Tab/Tab(大) ――対応
支払方法
aSBWYB クレジット ※詳細
10941KB
推し本に★やレビューを!平均★0  レビュー(0)

解説

 モデル、女優として売り出し中の駒井亜子が殺された。所轄内事件に駆けつけた警視庁機動捜査隊新宿分駐所の女警視白鷺は、被害者が行なっていた美容整形の裏に殺意の真相を見出し捜査を開始した。だが、重要参考人の男たちが次々と殺され事件は暗礁に乗り上げる。一方、殺された男と大物代議士との癒着から、代議士の贈収賄を内偵していた捜査二課の刑事が行方不明に。やがて、事件の闇から真犯人にたどり着く女警視だが…。
 好評の長篇警察小説「特捜女豹警視白鷺」シリーズ第3弾。

●龍一京(りゅう・いっきょう)
1941年大分県生まれ。元兵庫県警察、司法警察官として主に公安を担当する。退職後、コンサルタント業等を経て、作家に転身。著者の実体験をふんだんに織り込んだ、リアルな刑事の実態を描く警察小説を得意とする。『偽装捜査』(光文社文庫)、『狂った正義』(廣済堂文庫)、『鬼刑事(デカ)謀殺痕』(祥伝社文庫)、『重犯』『虐讐』(徳間文庫)など著書多数。

クリップ登録

著者
シリーズ