狼がたまごを温めたら
価格
864円(税込)
著者
パオラ・マストローコラ/川西麻理
XMDF形式
iPhone/iPad/Win/Android/Tab/Tab(大) ――対応
支払方法
aSBWYB クレジット ※詳細
4336KB
推し本に★やレビューを!平均★0  レビュー(0)

解説

3つのたまごを授かった、アヒルと狼の夫婦。
そこで実践的になりたい狼は、妻(アヒル)の代わりに自分がたまごを温めると言い出す。
生まれてくるまでの「待つこと」をテーマにしたストーリー。

『君はだぁれ?』で結ばれたアヒルと狼の続編ですが、
ストーリーは新展開となっていますので、本作だけでも楽しめます。

【帯コメント】
わたしたちはみな希望という名のたまごを温めている
大切なのは、未来を想像し温め続けること
今を信じて待ち続けること
(作家・寒竹泉美)