週刊文春 トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側
価格
950円(税込)
著者
ブランド
EPUB形式
iPhone/iPad/Win/Android/Tab/Tab(大) ――対応
支払方法
aSBWYB クレジット ※詳細
6484KB
推し本に★やレビューを!平均★0  レビュー(0)

解説

週刊文春前編集長 新谷学氏との対談収録!

三越の女帝・竹久みちと岡田社長解任事件、『白い巨塔』田宮二郎のM資金自殺、
島倉千代子を操る細木数子、「越山会の女王」娘の告白、
ジャニーズ帝国、電通のタブー、小佐野賢治、横井英樹、児玉誉士夫の闇……。

「文春砲」は、ここからはじまった―


「トップ屋」とは、各週刊誌で“巻頭記事”を執筆するフリーのジャーナリストやライターのことで、昭和三〇年代週刊誌創刊ブームのころから、そう呼ばれていた。
大下は、昭和四〇年代から五〇年代にかけて『週刊文春』のトップ屋として多くのスクープを生み出した。
本書は、政財界から芸能、闇社会に蠢く“昭和の怪物たち”の裏の顔に鋭く迫った男が、その舞台裏を描いた大作ノンフィクションである。
社会に激震を与えたスクープはいかにして生み出されたのか?
脈々と受け継がれる「文春砲」の秘密がここにある。

クリップ登録

著者
ブランド