サッカーと愛国
価格
1296円(税込)
著者
EPUB形式
iPhone/iPad/Win/Android/Tab/Tab(大) ――対応
支払方法
aSBWYB クレジット ※詳細
8127KB
推し本に★やレビューを!平均★0  レビュー(0)

解説

2016年度、第27回ミズノスポーツライター賞、優秀賞受賞作品!

スタジアムには日本人が知らない世界基準がある!

渋谷スクランブル交差点「自称・日本代表サポーター」、「JAPANESE ONLY」横断幕&バナナ事件、
旭日旗問題、「サッカー犯罪防止法」、ネオナチとフーリガン、ウルトラスの革命、ザンクトパウリのゴール裏、欧州クラブ事情……
サッカーはレイシズムとどう闘ってきたのか?

木村元彦氏(ジャーナリスト)、激賞!
「がんばれ!ニッポン」層が大きなマーケットとされるサッカー界において、
ナショナリズムに抗い民族差別問題に正面から取り組んだライターはほとんどいない。
その中で清義明は極めて稀有な存在である。
本書は路上でもスタジアムでも全力でレイシストと闘って来た清が
必然を以って著した、日本初のサッカー界からの反差別の書である。

サッカーとナショナリズムは強い親和性をもつ。
スタジアムは世の中の縮図であり、いいことも悪いことも、スタジアムで起きたことは世界に波及する。
本書では、それに翻弄される人々と、それでもそこから見いだされる希望について、フィールドワークの成果を報告する。

クリップ登録

著者