ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影
価格
702円(税込)
著者
ブランド
ジャンル
EPUB形式
iPhone/iPad/Win/Android/Tab/Tab(大) ――対応
支払方法
aSBWYB クレジット ※詳細
9620KB
推し本に★やレビューを!平均★0  レビュー(0)

解説

ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」は、これまでの技術とは比較にならないほど正確かつ自在にDNAを操作することが可能となった。
農業、畜産など様々な分野での利用が期待されているが、とりわけ注目すべきは医療分野だ。
ゲノム編集が「ヒトの受精卵」の遺伝子改変に利用されるという、かつてない状況のなかで、われわれは「生命」「家族」をどう捉えるべきか。
本書ではゲノム編集の可能性と課題を浮き彫りにする。

クリップ登録

著者
ブランド